不器用さんでも簡単に出来る!オリジナルつけ爪の作り方

ポリッシュの選び方が重要

上手にセルフネイルを完成させるために、まずはポリッシュの選び方から考えていきましょう。一番簡単なのは少々はみ出してしまってもわからないクリアタイプにラメが入ったもの。一番難しいのはパールが入っているものです。同様に原色系も塗り方にコツがいるのでちょっと難しいですね。セルフネイルがうまく出来ない!という方の問題点が実はここ。最初から難しいポリッシュを使ってしまうと挫折してしまうので、簡単なものを使ったりうまくごまかすようにするのがオススメですよ。

ネイルシールで簡単セルフネイル

まずは好きなカラーを爪全体に塗り、爪の先端だけネイルシールを貼りましょう。少々失敗してしまっても大丈夫ですよ。ネイルシールですが、最近はフレンチ専用のシールもありますので、それを使っても良いですね。オススメはレースタイプのもの。これをナナメなどに貼るだけでも、シンプルですが可愛く上品に仕上がります。最後は細かなラメが入ったクリアマニキュアでコーティング。ちょっとヨレてしまってもラメでごまかせるので、不器用な方でも大丈夫ですよ。自爪だとシールを貼るのがちょっと難しいですが、つけ爪なら簡単ですね。

バラエティ豊富!グラデーションネイル

次にオススメしたいのがグラデーションネイルです。原色系ではなく、他のポリッシュともなじみそうなポリッシュを3本用意しましょう。例えばピンク系なら、濃い、普通、薄いと用意します。まずは一番薄いポリッシュを爪全体に塗っていきます。次に、その半分に普通のポリッシュを塗り、最後にそのまた半分に一番濃いポリッシュを塗るだけ。それぞれの境界はちょっと汚くなってしまっても、ラメポリッシュを使えば綺麗にごまかせます。ストーンやパーツを乗せても良いですし、グラデーションを覚えるとセルフネイルの幅が広がりますよ。

ネイリストとは、爪や皮膚の病気に関する正しい知識を身につけ、お客様のニーズに合わせたデザインを提供するお仕事です。