CTスキャンについて知ろう!原理から受け方まで

CTスキャンとは何か

CTとはコンピューター断層撮影法の略であり、身体の断面図をX線を用いて撮影する方法です。その断面撮影を人の身体のある場所から別の場所まで走査することによってその区間の断面画像を撮影していくことをCTスキャンといいます。身体の輪切り画像を高い解像度で広範囲から得ることができます。造影剤を用いない場合にはレントゲン写真と同様に骨などが浮き彫りにされ、造影剤を用いることでより鮮明に撮影する事ができる便利な方法です。

CT検査の実際の現場で受けるポイント

CT検査を受ける際には患者は寝台に横になるだけでそれ以上のことをする必要はありません。自動的に寝台がスライドされて断面撮影を行っていくので身動きをしないということがむしろ重要なポイントになります。一つの画像の撮影には1秒強かかるのが最近の機器を用いた場合の平均的な時間であり、その間に動いてしまうと乱れた画像ができてしまうリスクがあるからです。撮影範囲によっては10分前後かかる場合もありますが、その間静かにしているだけできれいな画像が撮れるようになるのです。

CTスキャンでわかる三次元的な位置

CTスキャンは平たくいえばX線がどれだけ透過するかということを見るものであり、X線が透過しにくい骨ははっきりと浮き彫りにされ、造影剤を用いれば血管や消化管などの内臓をはっきりと画像にすることができます。レントゲン写真と違うのは平面写真ではなく三次元画像として捉えることができるということであり、どこに何があるのかということを正確な位置をもって知ることができます。がんがどこにあるかといった正確な情報を得るためにはCTスキャンが便利なのです。

RO装置とは、水道水や井戸水を、逆浸透方式で不純物をろ過して純水を作る装置です。人工透析用の水の製造などで使われます。