ギャルっぽくならない!30代からのカラコンの選び方

デカ目・盛り過ぎはNG!

30代になると、もうカラコンなんてつけていてはいけないのかも、なんて考えてしまいますよね。しかし、いくつかのポイントを抑えれば、大人可愛い瞳が実現できます。30代のカラコン選びで最も気を付けなければいけないのは、デカ目・激盛りのカラコンを選ばないということです。少し抑えめのカラコンにすることで、大人の女性の魅力を引き出すことが出来るます。ギャルっぽい目元になり、イタい人と思われないようにしましょう。

着色外径は小さめに!

カラコンは、着色外径が大きくなるほど、デカ目効果が上ります。そのため、着色外径にも注意して選ぶことが大切です。具体的な数字で揚げると、着色外径は13ミリ以下が良いでしょう。それ以上の大きさのものは、ナチュラル感がなくなり、ギャルっぽさが前面にでてきてしまいます。カラコンを装着していることを、人からすぐに見破られてしまう大きさのものはNGということです。30代のカラコン選びは、「控え目」というのがキーワードとなりますね。

ナチュラルなカラーを選ぶ!

カラコンは、それぞれのカラーにより印象が大きく変わります。そのため、ナチュラルな印象になるブラウン系やブラックを選ぶのが正解です。ハーフのように見えるブルーやグリーン、クールな印象になるグレー、エキゾチックな雰囲気になるパープルなど、装着していることがすぐにばれてしまうカラーはもってのほかです。明るい印象にしたい時は、瞳の色より少しだけ明るい色を選ぶ程度にとどめ、自目とかけ離れたカラーを選ぶのは避けましょう。

カラコンを利用することで瞳の色を自由に変えてファッションに合わせて自分の雰囲気も演出が出来て良いでしょう。