万人に効果があるとは限らない、レーザー脱毛の注意点

結果をあせらない!適切な間隔での治療が重要

レーザー脱毛は、従来のニードルを用いた脱毛法に比べて痛みが非常に少なくなった為に普及していった治療法と言えます。レーザー照射で毛や毛根にダメージを与え、細くしたり、毛の成長タイミングによっては半永久的な脱毛も期待できます。ただし、あくまでも「痛みが少ない」「脱毛効果が比較的長く続く」と言う意味合いであり、決してたった1回の治療で完全な永久脱毛が期待できるわけではありません。受診する前に、自身の状態を正しく見極めてから、レーザー脱毛に挑戦しましょう。

痛めつける行為だということはしっかり認識しておく

治療は自由診療の皮膚科やエステなどでも行うことができますが、プロに任せておけば安心、受診時以外は好きなように過ごす、と言うわけには行きません。レーザー照射をすると当然光は体毛以外の、体毛周囲の皮膚にもダメージを与えてしまいます。照射する場所によって次に受診するタイミングは異なりますが、それまで適切な皮膚のケアを続けていないと、肌の症状が思わしくない場合は効果があっても途中で治療を断念せざるを得ないケースも出てきます。中途半端で終わらせたくなければ、家庭でも入念な準備をしておきましょう。

場所によっては簡単に施術できないことも

前述したとおり、レーザーを照射する瞬間にはわずかながら痛みが発生します。色素が多いほど影響を受けるので、もともと地黒な方、日焼けしている方、有色人種は痛みが出易いと言われます。また色素の塊ともいえるホクロやシミの強い部分は、施術できないケースもあります。その場合はその周囲だけ別の脱毛法を用いるか、その部分の脱毛自体を断念せざるを得ません。脱毛を考えている場合は、できるだけ肌が焼けないように管理しておく必要があるともいえますね。

様々な脱毛方法があるなかのひとつであるレーザー脱毛は、医療機関でしか行えず、永久脱毛をうたえます。出力が強いので回数が少なくてすみますが、1回あたりの金額が若干高めなようです。