毎日飲んでいる「アレ」の成分が実は心臓病予防に大切だった

心臓病になりやすい生活とその予防方法

心臓病は生命を維持する大切な器官、心臓の異常のことを指し、発症すると胸の強烈な痛みとともに命に関わる状態となります。この病気は高カロリーな食生活が浸透し2000年代において増加傾向にあり、深刻な問題となっていることでしょう。そのため、低カロリー食品など、世間的に健康への風潮が高まっているのです。特に心臓病の場合、コレステロール値が主な原因となるため、揚げ物などは植物性油の使用、青魚などを積極的に摂取することが大切となります。また、2010年では、コーヒーが心臓病予防に効果的なことが判明したのですよ。

研究データから伺えるコーヒーの良さ

心臓病予防でコーヒーを飲むことは、これまでにはあまり浸透せず、考えられなかった方法でしょう。しかし、コーヒーによる心臓病予防は1990年から2010年まで、都内のある大学と研究センターで全く飲まない人と3~4杯飲む人と分けて研究され、死亡率の比較で判明したものです。全体的に死亡率は、全く飲まない人と一日に3杯飲む人とでは24%も差があり、コーヒーが如何に良いかが伺えますね。では、コーヒーの何が予防に効果的でしょうか?

予防に繋がるのはカフェインの作用であった

コーヒーがなぜ心臓病の予防に繋がるのか、、それは含まれている成分のカフェインが作用するからというのが考えられています。カフェインには、血管や筋肉を収縮させ、血液の流れを良くし、結果的に心臓を活発に動かす働きがあるのです。そのため、コレステロール値を下げる食生活とともに飲用すると効果的ですよ。しかし、カフェインは中毒性があるため、一日100ミリグラムまでと、適量を心がけることが大切です。また、血中コレステロールを下げることが予防となるため、カフェインは補助的な成分として摂取するのが大切なのです。

冠動脈バイパス手術は非常に高い技術が必要になりますので、ネット等で事前調査をしっかりしてから病院を決めると良いでしょう。